事務所広報

B5判8頁 月1回発行

クリックでサンプルがご覧いただけます。

題字A茶タテ組み  題字A紺タテ組み

題字B茶タテ組み  題字B紺タテ組み

題字B茶ヨコ組み  題字B紺ヨコ組み

 

  • 社労士業繁栄の一翼を担う

 いまや、社会保険労務士事務所や労働保険事務組合にとって、顧問先事業所に毎月1回定期的に『会報』(事務所だより、事務組合ニュースなど名称はさまざま)を発行することは、避けて通れない必須のビジネスツール。これは、社会保険労務士・事務組合への信頼と権威の向上に役立ち、しいては業務の繁栄に大きくつながるからです。このことは、すでに多くの先生方や事務組合が認めるところです。
 しかし、会報の内容がくだらなければ、逆に顧問先からの信頼と権威が低下することにもなりかねません。弊社、社労広報センターでは、こうした点を充分に配慮した誌面づくりに専念。ご利用されている先生や事務組合から好評を博しています。

  • 制作はお任せください

 仕事に追われ、多忙な事務組合や社労士の先生に代わって当センターの編集スタッフが『会報』または『広報』を制作します。内容は社会・労働保険をはじめ労務管理、賃金管理、安全・衛生管理、経営全般に関する情報など、いずれも中小零細企業の経営者に (1)読んでもらえる(2)すぐに役立つ を編集方針として記事をとりあげています。 こうして制作された会報は、事務組合または社労士事務所の編集・発行とし、顧問先に配布していただくわけです。

  • 発行のメリット

<安い費用で制作できます>
 先生や事務組合独自で定期的に会報を発行することは容易ではありません。テーマの選択、原稿の作成、割付け、校正など大変な労力が必要です。しかも印刷費も割り高となり、永続きしません。当センターが代行すれば、費用はおよそ10分の1ですみます。

<顧問報酬の入金がスムーズに>
 社労士はもちろん事務組合も顧問先に1か月に何回も訪問することは容易ではありません。せいぜい1~2回程度。これでは顧問先とのコミュニケーションも図れません。そこで、社労士や事務組合の発行する会報が大きな力を発揮するのです。毎月定期的に会報を送付するようになってから、集金もスムーズにいくようになったと多くの事務組合や先生が喜んでいます。

<新規開拓にも威力を発揮>
 顧問先の開拓はなかなか容易ではありません。名刺一枚よりは、会報を持参することの方がより効果的です。「こんな立派な内容の広報を発行している事務組合・社労士事務所だから」と、顧問先への権威を高めるのに役立ちます。 題字は先生の指定どおりに。
 会報のタイトル(題字)は先生や事務組合が自由につけられます。編集・発行人・発行所も同様で、先生のお名前、事務所名どちらでも結構です。お申し込みフォームよりご記入もしくは題字レイアウト用紙に簡明に記載、FAXしてください。題字の大きさは、A(タテ30mm×ヨコ145mm)とB(タテ55mm×ヨコ145mm)の2種類、お色は茶と紺の2種類があります。ご希望により題字はA、Bのいずれかに、また本文も「タテ組み」と「ヨコ組み」の2種類があります。本文の色は紺のみです。お決めになり、いずれかを指定してご注文ください。

 

見本紙及びご案内のパンフレットもご用意しておりますので、お気軽にお申しつけください。 03-5825-7578